ページ内を移動するためのリンクです

マンション・アパートの外構エントランスの
改修リフォーム工事 施工例

マンション・アパートの共有部分であるエントランスは、建物のおしゃれさや品位を表すいわば、顔の部分。
顔の部分の良し悪しは、入居者のみならず、近隣にお住まいの方々への印象を左右するといっても過言ではありません。
ごみの散乱や汚れが多ければ、「管理が行き届いていないのかな」「あまり安全なマンションではないのかな」と不安に感じることもあります。それだけ、エントランスの状態はマンション全体の印象に影響を与えます。

事例① 築20年のマンションのエントランスを、機能性とアクセントカラーでイメージを一新

マンションの印象を一新 "外構エントランスのリフォーム"で資産価値UPを

大規模改修リフォームに対し、外構やエントランスのリフォームは、部分的な改修でありながらも、日常人々が最も目にし使う場所をリフォームするため、「変わった」という強い印象を与ることができます。また、工事に至るまでの検討時間や費用も大規模修繕に比べ、かなり抑えることができるのも大きなメリットです。

実例で見る外構 エントランスの改修リフォームの効果。
女性入居者が増加した理由とは?

近代的なデザインが目を引く築20年のマンション。駅からも近く、新築当初から高い入居率を推移していましたが、近年は新しいマンション建設の勢いに押され、入居率も低下傾向になっていました。
改修前の建物は経年変化による床や壁の汚れがあるためか印象も暗く、また、新築当初には気にならなかった、片開きドアや急こう配のスロープなど、使い勝手の悪さも気になる部分でした。次の20年を見据えて、入居者が長く住んでもらえるよう、美しく安全なマンションにするためのリフォームがスタートしました。

改修のポイント
● 経年変化による壁や床の汚れをきれいにする。
● 使い勝手の悪かった片開きドアやスロープを改善する。
● ホテルライクなエントランスに生まれ変わらせる。

色が人に与える影響を理解して、デザインする。

施工前

経年変化の汚れなどにより暗い印象。エントランスの場所もわかりにくい。

施工後

施⼯後はベージュを基調とした優しいエントランスに。ゲートも新設し、入居者を迎え入れる

まず、動線の見直しから始めます。これまでのエントランスの階段は段数が少ない分、そこに面したスロープが急こう配となり危険な状態でした。また階段を上がった先は片開きドアのため、荷物をもったままの開閉は困難な状態でした。
そこで、緩やかで安全が十分に確保できるようにこれまで2段だった階段を4段に変更。階段の幅も広がり、高齢者や小さいお子様も安心して通行ができるようになりました。階段の高低差に合わたスロープも距離が延長された分、勾配も緩やかになっています。
施工前は存在感の薄かったエントランスですが、シンボルツリーがある植栽帯とエントランスゲートを設置することで、入居者を迎え入れる優雅なアプローチに生まれ変わりました。

次に、色の見直しです。
エントランスは性別年齢を問わず、清潔感や良い印象を感じるベージュとオフホワイトを基調とし、緑と相性の良い色でコーディネートをしています。階段とスロープは明確な色の差をつけることで、デザイン面だけではなく、転倒防止等の安全面も配慮しています。
より良い外構 エントランスをつくるためには、使い勝手等の機能性を考慮する以外にも、色や素材の選び方も重要です。色は人の心に様々な印象を与えます。
このような色が与える心理的効果も踏まえ、ザ・シーズンのデザイナーは外構やエントランスのデザインを作り上げていきます。

デザインで空間をより明るく広く見せる

施工前

建物の中にあるエントランス内部は、昼間でも光が差し込まず暗くなりがちです。郵便物を取りだす、カギを開けるなど、「一時的に人が止まる」場所だからこそ、明るくて清潔感のある空間をつくることが、入居者の安心を生み出します。
改修リフォームをする際に大きく間取りを変更できない場合は、「色の配置・反射」を考慮しデザインをします。

施工後

施工前のエントランスは各所でブラケット照明が点灯していますが、昼間でも暗い状況です。床面、壁面ともに暗い色を使用しているため、外からの光を吸収してしまうことも暗さを感じる原因の一つと考えられます。
施工後のエントランスでは、オフホワイトを中心とした色を壁面に取り入れたデザインにしています。こうすることで、窓からの光をエントランス全体に拡散させるようにしています。また手が触れる高さまでは木調の面材を使用し、自然素材が醸し出す温かさや柔らかさを想像させる工夫を。さらにポイントであしらったステンレスのアクセントでホテルライクなエントランスを演出しています。
床面は、スロープで使用したタイルを内部まで延長することで、視線を奥に誘導し、空間を広く見せる工夫をしています。

写真正面に見える植栽スペースは、施工前活用されていませんでした。植栽帯とする事でアイストップに生まれ変わりました。入居者が外出する際、自然と目が留まる位置に緑があることで、奥行き感と開放感を作り出します。光もうまく中まで届いています。

人の目に触れるミニマムなスペースはガーデンスペースにするのもおすすめ。あらかじめ工夫を施しておくことで、手間が少なく見栄えの良いスペースに生まれ変わります。

ワンポイント
アドバイス Advice

マンション・アパートでガーデンスペースを作る際は「植物を育てたくない場所」の準備が重要です。防草シート、砂利等でしっかりと養生を行います。養生部分はタイルや自然石、砂利を使って舗装をすることもできますから、様々なデザインアレンジも可能です。

デザイナー 安田 昌幸

1日の終わり。明かりはやすらかな心をつくりだす。

人は活動することで活発化する交感神経と、リラックスすることで活発化する副交感神経を持っています。帰宅後、学校や仕事を終え、ゆっくりとわが家で落ち着こうとしているのに、エントランスが眩しいほど照らされていては、なんだか落ち着ません。マンション、アパートのエントランスに明かりは必要です。しかし、安全や機能を確保できる以上の明かりは逆効果です。そのため改修リフォーム後のエントランス内部では、間接照明を効率よく配置し、温かく柔らかいライティングを心がけています。

効率よく照明を配置することで、構造物に陰影が生まれ、昼間とは違う高級感を演出することができます。

エントランス内部もホテルのロビーのような仕上がりに。

色や明かり、使いやすさなど、細かい部分まで検討を重ね出来上がったエントランス。その優しくも高級感のあるデザインが評判となり、女性の入居希望者が増加しました。エントランスを美しくリフォームすることは、建物の安心感につながり、結果、入居者の維持につながっています。

事例② 緑の効果は新築でも改修でも絶大。適切な植栽デザインと管理のしやすさで美しさも手間なく維持。

管理手間を考えると敬遠されがちなエントランスの植栽ですが、植栽を植えると植えないとでは建物の印象は大きく変わります。また、ブロックやフェンスといった構造物だけで、隣地や道路境界を仕切ることには限界もありますし、見た目もよくありません。その点、植栽は見えそうで見えない、適度な目隠しを実現します。また人は昔から、自然に癒され、四季折々に垣間見る美しさに心を動かされてきました。私たちのDNAには緑のある暮らしの豊かさが刷り込まれているのかもしれません。また、床に映り込む植栽の影の揺らぎが、入居者に安らぎを与えます。

マンションの銘板を美しく彩る植物たち。花壇は緑地帯の目的だけではなく、段階的に高さを上げることで、奥へと働く視覚的な力を作り出しています。不思議と奥に行ってみたくなる…そんな気持ちにさせるデザインの工夫です。

デザイン上、あまり見せたくない電柱前には株立ちの樹木を配置し、自然な目隠しを施します。樹木で目隠しすることで、清涼感も生まれます。

マリンランプをあしらったフットライトは控え壁の役割も兼ねています。デザインにさりげなく、安全対策を組み込む提案ができるのもデザイナーの力の1つです。

ワンポイント
アドバイス Advice

多くの構造物をつくることができないマンション・アパートのエントランスには色や素材、植物を使った視覚的なアイデアが必要不可欠です。そのアイデアをご提案するためにも、管理の頻度や入居者の年齢層、そしてオーナー様の嗜好などの様々なご意見やご要望をお聞かせいただくことが、エントランスの改修リフォームへの近道です。

ザ・シーズンが選ばれる理由

  • 空間デザインに対する
    豊富な実績

    専門家として携わってきた様々な個人住宅、施設の外構・庭のづくりの経験を活かし、 すべての人が心地よいと感じて頂ける「きめ細やか」な空間をデザインいたします。

  • 資産価値を高める提案力

    建物と外構、そして庭が調和した空間こそ、人々が集う快適な場所になります。
    外構・庭の専門家だからわかるノウハウと経験を生かした提案力で、細部にまでこだわった資産価値を高めるプランをご提示いたします。

  • メンテナンスを考慮した
    設計力

    外構・庭は屋外のため、風雨による汚れのほか、雑草駆除等のメンテナンスが必要になります。 管理の手間を軽減しつつ、長く美しさが保つことができるプランのご提案をいたします。

まずはお気軽にご相談ください。

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで、
経験豊富なデザイナーが最適な提案をコンサルティングいたします。

お電話からのお問合せ

(営業時間 10時〜18時 定休日 火曜・水曜)

メールからのお問合せ

メールによる無料相談
お問い合わせはこちらから
メールでのお問い合わせは24時間受け付けています

ページの終わりになります。