HOME施工事例家族が集う寛ぎのお庭M様邸

お手入れの軽減+付加価値を持たせたお庭

事例 NO. 1119
  • AFTER 01 南北方向に広がりを持たせたタイルテラス。見える面積の多い床タイル・塗り壁は、ベージュ系統で統一しお庭全体が重たくならないように明るい印象を持たせながら、濃い色合いの石張り角柱で空間全体が引き締まる、メリハリのあるデザインと致しました。

  • BEFORE 01

  • AFTER 02 モザイクタイルの袖壁を前後に配置し、タイルテラスへのアプローチをクランク形状にすることで奥行き感を出し、景観に変化を持たせました。

  • BEFORE 02

  • AFTER 03

  • BEFORE 03

  • AFTER 04 テラススペースと実用的なサービスヤード間仕切りには、千本格子のフェンスを取入れ、奥行き感を感じながらも、ほど良くそれぞれの空間の間仕切りができるデザインと致しました。

  • BEFORE 04

  • メインのタイルテラスをリビング前からL型の形状とし、広がり感を持たせ、また、リビング前から眺める位置に、涼しげな常緑樹のハイの木をシンボルツリーに配置致しました。

  • アプローチの入り口を狭く、タイルテラスの一部を見え隠れさせることで、お庭への期待感を持たせながら、タイルテラスの広がり感をより感じていただける工夫を致しました。

CONCEPT

当初、メンテナンスを軽減できるお庭が1番のご要望でしたが、リフォーム後のお庭の活用方法など、事前にじっくりとお話をさせていただき、お手入れの軽減+付加価値を持たせたお庭のご提案をさせていただきました。

南東に配置されたリビングダイニング。お庭の形状は南東の角からL型に伸びたお庭となっております。一番日当たりが良く、広くお庭のスペースを確保できる南東の角を、メインのアウトドアリビングのタイルスペースとし、広範囲をタイル張りとすることでメンテナンスを軽減しながらも集いの場所となるアウトドアリビングをご提案させていただきました。

道路からの視線を緩和する意匠壁を配置し、パーゴラ+ロープ式開閉シェードを設置することでプライベート感を高めた機能的なアウトドアリビングスペースとなりました。

完成後はお施主様より、『お洒落なカフェテラスのようになりびっくりしました』と、施工前との違いに驚かれ、非常に喜んでいただきました。お庭を眺め、実用的にも活用していただけるお庭が完成致しました。
店 舗
  • 名古屋店
デザイナー
施工スタイル
  • ガーデン
部位
  • ガーデン/テラス
デザイン
  • ナチュラル