HOME施工事例Y様邸クローズエクステリア

非日常の世界

事例 NO. 1134
  • フィボナッチ数列を模った石積み。フィボナッチ数列は、企業や人財の成長を表現しています。石積みは前回同様の庵治石を、H0.4~H3.4 へとなだらかに積み上げ、それが建物内部まで続いています。

  • 研修センター棟 1Fテラスから Gardenを眺む。ライン取り(曲線)や 素材は同一にしながら、ディティールに変化をつけて 今回はモダンナチュラルに仕上げています。

  • 各地を探し巡り・・・、景石は安曇川の石を、砂利は地元の川石を3種類使用しています。

  • 研修センター棟 2Fダイニングから Gardenを眺む。

  • 2年前に完工した迎賓庭園も少しづつ成長して。

  • 研修センター棟 中庭。1年掛けて巡りあったこの景石は、岐阜から。60tラフターを使用して、釣り込み据付けています。

  • 手前ドウダンツツジと 奥H9.0のアオダモ。天に向かい勢い良く伸びたアオダモは 成長 を、不動だにせず据わった景石は 安定 を表しています。

  • 石積みに包まれた 研修センター棟 テラス。複数の フィボナッチ で形成しています。

  • お世話になっている石材屋さんで発見した 手水鉢。この中にメダカを飼われるそうです。

CONCEPT

今作品は、2年前に完工した 迎賓庭園 の計画時に、隣地空き地へ 研修センター棟 の建築を提案させて頂いたものです。社員の方への研修とrecreationを目的とし、こちらへ訪れた方々が、非日常的なハイステイタスを感じる事が出来るように とのご依頼でした。 迎賓庭園を眺め、集い、語らう。 前回の洋風なスタイルから一変しながらも、敷地全体の統一感を図る事にも挑戦しています。 敷地全体をフィボナッチ数列の曲線で構成し、企業&人財の成長という意味を持たせている所もポイントです。 また前回同様、着工半年前から 香川県牟礼町へ何度も足を運び見繕って参りました 庵治石を、H0.4~H3.4 へとなだらかに積み上げ、それが建物内部まで続いている様は圧巻です。一見は百聞にしかず・・・、ご覧下さいませ。
店 舗
  • プレミアム店
デザイナー
  • 永井友佳子
施工スタイル
  • EXクローズ
  • 受賞作品
  • ガーデン
部位
  • ゲート
  • ガーデン/テラス
  • ガーデン
  • テラス
デザイン
  • モダン