HOME施工事例K様邸クローズエクステリア

直線の整った美しさとクールさ、曲線の華やかさと安らぎの対比

事例 NO. 1133
  • RCでシャッターゲートと門屋を一体でデザイン。スラブの厚みが少しでも薄く見えるように、先端に掛けて窄ませています。門扉も、シャッターも、表札も色目を合わせて統一感を図っています。

  • RCと石積みと金物の黒色で、圧倒的な存在感・重厚感・高級感を演出。

  • 既存門周り。門扉~お玄関までの距離が短く、少しせせこましい印象を受けました。今回のリフォームで 門周りを西側へずらした事によって、ゆとりの感じられるアプローチ空間を造る事が出来ました。

  • 石積みに使用している石は、疋田石。今回は、少しartisticに積んでいます。

  • Before 東側から。

  • After。 廃盤していた建物タイルと同じタイルを、当社タイル業者さんがプロの意地で探してきて下さり、既存シャッターゲートに貼る事が出来ました。流石っ。ファサードの両端にタイルを使用して、既存建物との統一感を演出しています。

  • お昼間と一変して・・・。

  • 数年後には 石積み花壇の植栽が成長して、更に雰囲気を高めているはずです。。。土部分には、自動散水を施しています。

  • アプローチ。紅葉のトンネルを抜けて。

  • 門扉を開けた正面に こちらの前庭が広がり、訪れた方々を 四季折々 清々しくおもてなしします。

  • Before 既存アプローチ。

CONCEPT

隣地をご購入され、敷地統合のご依頼でした。既存建物は洋風ですが、外構はモダンにとのご要望でした。 敷地東端に既存の2台分のシャッターゲートがあり、ファサードの立面バランスを整える為に、ボリュームのある構造物を 西側へ設けたいと考え、そこへRC造のゲート&門屋を設計しました。デザイン面での特徴・工夫として…… ①シャッターゲートにも軒を設け、門屋と一体化させた=ボリューム感を出し、高級感・他との差別化を狙った ②門屋の天井スラブを、構造計算最大まで飛ばした=緊張感の演出 ③スラブを先端に掛けて窄ませた=シャープさを演出 ④人工的・無機質なRC構造物と、自然の荒々しい石積みとの対比=互いの魅力を惹き立たせる ⑤直線の整った美しさとクールさ、曲線の華やかさと安らぎの対比
店 舗
  • プレミアムオフィス
デザイナー
  • 永井友佳子
施工スタイル
  • クローズ エクステリア外構
  • 受賞作品
部位
  • 門周り/ファサード
  • ゲート/シャッターゲート
デザイン
  • モダン