HOME施工事例Y様邸オープンエクステリア

モダンテイスト住宅

事例 NO. 93
  • 空間の狭さをカバーする魅せるデザイン門袖のあるオープンエクステリア。

  • 車庫から玄関を繋げるモノトーンカラーの囲み。

  • リズム良く貼られたモザイクタイルはネットストーンと厚さに変化。

  • 異素材の組み合わせにより、一枚の壁に変化が現れる。

  • ポスト:マックスノブロック、照明:マリンライト、インターホンカバー。

  • 車庫のクロスラインはピンコロ石。

  • 光が差し込む玄関に美しく生えるシンボルツリー:アオダモ。

  • 少しの空間に植物の演出で空間に安らぎを持ち込む。

  • 高さある住宅に合わせたデザインエクステリアファサード。

CONCEPT

今回のプランニングにおいてコンセプトとして『モダンテイスト住宅』を取上げました。
通常のタイル外壁であれば、レンガやタイル、アイアン門扉にアイアン表札、など柔らかい素材を用いても、それなりにおさまるエクステリアでした。がしかし、今回の建物はラティスタイル(!?)というグリッドサイズの新外壁で色の選択もブラック&ホワイトのモノトーンカラー・・・今までの作品ではしっくりこない、どうおさめて建物とのバランスと調和が取れるのかを試行錯誤して纏め上げた作品です。
施主様の御希望では前面道路の交通量が多いのでクローズプランでした。しかし、玄関までの距離と高低差の問題でオープンプランに変更していただきました。それでもいかに門廻りの印象を強調してバランス良く調和がとれるかがポイントでした。
両サイドに用いた門袖は高さや奥行き位置に気を使い全体にリズムをつけ、また高低差で生じる門袖の高さの問題も変化をつけることで圧迫感を取り除きました。道路から建物までの距離が少ない敷地条件でしたが、ラインのズレと高さの変化でアレンジすることでエクステリアでの楽しい表現を用いることが出来ました。また、素材にも拘り、建物のグリッド模様に合わせてアクセントブロックをちりばめて表情に変化をつけ、モザイクタイルを全体に取り入れカラーもモノトーンにすることで一体感を強調しております。ライン状に砂利を貼り付けることで単調になりすぎないようにポイントが入っております。床には壁の堅いラインを消すように自然石を階段と車庫の入り口、車庫のアクセントラインに利用して、立ち上がりと平面の違いで立体感を演出しております。色も北北東側に位置する玄関には明るいベージュ色。車庫には汚れが目立ちにくい石畳材とピンコロ石のブラック。アチコチにちりばめた拘りが覗かしています。
新しい取り組みとデザイン・素材でしたが、今後の住宅事情はモダンテイストをふまえた作品が増えると思っております。シンプルデザイン・モダンデザインを追求して長く飽きず、長く愛用される作品を今後も作っていきたく思っております。今回の吉田様邸は、その第一歩だと実感できる作品に仕上がったと思っております。
店 舗
  • 吉祥寺店
デザイナー
施工スタイル
  • オープン エクステリア外構
部位
  • 門周り/ファサード
  • ゲート/シャッターゲート
デザイン
  • モダン