HOME施工事例N様邸ガーデン

ガラスブロックの連続が個性的な印象のスタイリッシュなモダンガーデン

事例 NO. 331
  • 高台にあるガーデンテラス、空間を2つに仕切る美しい空間。

  • 境界の目隠し壁、交差する場所にスリットを設けて光を取り込んだ。

  • サークルガラスブロックの連続デザイン。

  • 芝生と自然石テラスに、ラインをラウンドさせ変化を付けた。

  • YKKAP:リレーリア、空間を2分割して印象を変える効果に利用。

  • 夜は照明と空のコラボレーション。

  • 設置されたテーブルと椅子が空間を利用価値の高いものにする。

  • シンボルツリー:アオダモ。照明:ムーンライト。

  • リビングからの景環、素材はシンプルですが空間を美しく魅せる。

CONCEPT

高低差のある敷地の欠点は接道の視線が入り込みプライベートが覗かれる悪さがあります。敷地内で過ごす居心地のよい空間を壁で仕切ることで独立させ、自分時間を取り戻す事ができます。囲むということに違和感・圧迫感を取り除く配慮をデザインでカバーするということをキーワードとして作り上げた作品です。
現況は芝生敷きの繋がった庭でした。多くの場合空間を仕切ると狭くなる印象がありますが、2つの世界を作り出すにはあえてこの課題に取り組む必要がありました。ただ仕切ることを進めると悪い方向に向かうことが多い中、コンセプトを別に考え取り入れることで仕切る=別世界の演出につなげる考えを持つことと考えました。メイン空間を『過ごす・楽しむ』とし、実用スペースの作り方を『見る』と考え、スタイルを別々に設けております。
メイン空間=スタイリッシュデザイン・セカンド空間=リゾートデザイン。メイン空間は壁や床に印象深い素材やデザインを取り入れその場所の過ごすという時間を作り出すような演出を設け、視線隠しの為に適度な高さを取りました。サークルガラスブロックを採用することで光をうまく取り込む遊び感覚もあります。リズムの良いウッドフェンスのディテールをアクセントで使い、柔らかい表情を部分的に使っていきました。セカンド空間には屋根とルーバーフェンスで囲い込み独立させてメインとの繋がりを切らせています。ラインで作るデザインもありますが、サークルの連続で一つの壁にリズムをつけて、普通にならないような演出の仕方は、新しい遊び感覚のひとつとなると思っております。
店 舗
  • 吉祥寺店
デザイナー
施工スタイル
  • ガーデン庭
部位
  • ガーデン/庭
デザイン
  • モダン