HOME施工事例U様邸オープンエクステリア

解放空間を魅了する平面構成の演出

事例 NO. 792
  • オープンスタイルのエクステリア、車庫を魅せる平面構成のデザイン。

  • デザイン門袖に立体感あるタイルを採用し額縁を。マックスノブロックとのカラーコディネート。

  • 車庫は洗い出しと土間打ちのコントラストで演出。

  • リズムあるタイルが壁面に動きを強調する。ステンレス切り文字のネームプレート。

  • 壁とは違い濃い色の床タイルで陰影感を出させる。

  • パティオスペースにはベンチを備えている。

  • ガラスモザイクのベンチは海色をご希望で選択。

  • 座ることを考慮して角を取るという小技が光る。

  • 色違いのタイルを用いて変化を付けた。

  • エクステリアを飾るアスチルベ。

  • 連続した角穴スリットとアガパンサス。

CONCEPT

光で魅せる線の構成を取り入れた印象的な開放空間。
 既存で造られていた空間を、住まいのスタイルに合わせてデザインすること。そしてオープンであることでの良さを利用価値のある空間へと変化させることが目的のリフォーム・デザインの作品です。
 オープンスタイルの見える面に手を入れることはとても大切な要素と考えてます。この作品にはそういった小さなポイントをしっかりと空間に散りばめて全体的にデザインを施すことを大切に考えた、とてもバランスの良いデザインであると思っております。
 前面に開かれた車庫スペースは床面積が大きく見えてきます。その部分にはアルミラインを建物と平行に細かく施し光を取り入れています。また縦にもサイズの違ったラインを施すことで床面をグリッドにとらえ、2色での仕上がりを造り出すことで単調にならないようデザインしております。門袖は玄関部が見え隠れするように配置し、立ち上がった面には特殊なタイルを貼り、サイズの違ったものをリズムをつけて貼り込み印象的なデザインウォールとしています。植栽にも気を配り、四季の楽しみに花や色の変化、プロポーションを配慮し高木の変化も大切なデザインとして取り入れています。 
 開放的なスタイルを取ることがデザインに難しさを与え、防犯面でも気になるところかもしれません。しかし、デザインをしっかりと取り入れ建物との調和を考慮し、全体を見据えた将来性のあるゾーニングを組みこむことで本当の良さを引き出すことが出来た作品になったと思っております。
店 舗
  • 吉祥寺店
デザイナー
施工スタイル
  • オープン エクステリア外構
部位
  • 門周り/ファサード
デザイン
  • モダン