HOME施工事例M様邸オープンエクステリア

和空間を魅了する連続した装飾壁

事例 NO. 794
  • 閑静な住宅地に佇む和モダンのエクステリアガーデン。

  • 高低差のあることを利用し2空間でデザインを施す。

  • 打ち放しコンクリート造の土留めを門袖として利用。

  • あがりきった場所に設置したTOEX:アーキキャスト門扉。

  • 園路と坪庭を共有する和モダンな空間。

  • 境界部に連続したデザイン壁、洗い出しで仕上げた。

  • 和室から眺める飾り壁は、ウッドフェンスとコントラストが印象的。

  • 下草:アジュガ・ツワブキ・フッキソウなど、しっとりと演出。

  • 建築と階段との隙間を利用したフラワーボックス。

CONCEPT

~歩くという利用価値を詰めた和室前の壁面空間~  

 世田谷にある閑静な住宅地、高台にあるこの家は住まうことに申し分のない環境の住宅でした。ここに和というキーワードを持ち込み、静寂というひとつの空間を造り出すことが今回のご依頼内容であったと思います。
 高台になるお住まいと限られた空間を演出するために別々となったエクステリアとガーデンには繋がりと取ることの難しさがある。今回のケースも階段というエントランスが違った空間を繋ぐひとつの遊びにもなっているのかもしれません。外から見るシンプルモダンスタイルの住宅には直線基調なデザインとし、高低差の付けられたRC部に植栽を設けることにより庭に設けられた空間の演出を感じさせる植栽の暖かみを取り入れた。自然な動きを植栽で造り出し、優しい印象を持ったRCになっていく。無機質な工作物と無機質な床仕上げに少しずつ散りばめられた植物が暖かさを演出してくれています。
 階段で上がりきった場所には庭でもありエントランスでもある空間が存在する。ここに別々のものを作りこんでしまうと空間の利用価値が半減してしまうので「庭通路」というキーワードを持ち込んで歩く・魅る・楽しむ という空間の良さを凝縮した場所にしてデザインが施されています。部屋からの眺めになる壁面に飾られた連続する印象的な装飾壁、下には彩られた数々の植物縦が四季を楽しませてくれる。また夜には照明効果で違った表情を造り出してくれるでしょう。ウッドフェンスには濃い色合いを選択することにより立木の木肌が美しく魅了してくれます。
 限られた空間のなかで限られたことをとなるはずのものが、多くの見方により楽しみや動きを与え、昼と夜の表情の違いで時間の楽しみも味わえる。凝縮された楽しい和空間になったと思っております。
店 舗
  • 吉祥寺店
デザイナー
施工スタイル
  • EXオープン
部位
  • 門周り/ファサード
  • ゲート
デザイン
  • モダン