HOME施工事例N様邸オープンエクステリア

独創的な門袖が構える狭小住宅

事例 NO. 795
  • 独創的なデザイン門袖:水磨きの自然石とモザイクタイル。

  • 前景写真:狭小でありながら空間を引き立てる演出効果。

  • ステンレスネームプレート:全体のバランスに合わせたレイアウト。

  • 必要最低限の空間でありながらGREENを取り入れた。

  • エントランス部:150角のラフな自然石が表情を動かす。

  • 隠れた蛇口:境界壁に備わる設備。

  • 表札のライティング:裏側に仕込まれた証明が表札を際立てる。

CONCEPT

限られた空間に多くの利用価値をもたらす空間交差。
 東京都の中心部となる場所に位置する環境には古き良い時代を引き継ぐエリアが残る。幹線道路の整備の裏側には少し寄り合いながら生活しどこか懐かしい空気に触れるこどが出来る。そのなかにひっそりと佇むこの住宅は雑踏から少し入りこんだ環境にあり、生活するということが流れている温かい場所にあった。その中で限られた空間に多くの価値を生むために必要な要素をぎゅっと詰め込んだエントランスを造作することが今回の作品です。
 ひとつの空間には車庫・玄関・エントランス・庭といった要素が取り入れられる計画されている。大きく空間を必要とるつ車庫はほぼ構えの空間を従事る。残った場所にいかにして楽しむ環境を持ち込むかがポイントでした。車庫を取り玄関までのラインを残すギリギリを狙い、そのエントランス空間を植栽で囲みこむことにより自然の温かさや緑の育み、そして四季の動きを感じるように配置する。狭いアプローチを囲みこんだ緑が楽しさを与えてくれる。そして顔となる門袖は個性を引き出すために特殊なデザインを纏うことで迫力と存在感を取り入れた。少し柔らかさを出すための自然石で積み上げる階段手法を取り入れて植栽に絡みやすい素材を選択している。境界部にはジューンベリーが四季の楽しみを作り、玄関前に植えたコバノトネリコは車庫とエントランスの境目でもあり、玄関の目隠しとなるように配置。また境界の壁にガラスをはめ込んだり、ニッチ的な棚を設けるで少し実用性のある場所へと変化させた。正面から見えない部分の有効利用と考えた場所です。表札には照明を仕込み、より一層表情を高め遅くに帰宅される家族を迎え入れることと、照明器具を見せないという空間利用を考えた設計がここにも生きている。
 限られた空間を最大限に有効利用し、個々の意味や良さを引き出すプロフェッショナルな構成が出来上がったと思っております。
店 舗
  • 吉祥寺店
デザイナー
施工スタイル
  • EXオープン
部位
  • 門周り/ファサード
デザイン
  • モダン