HOME施工事例I様邸クローズエクステリア

クラシカル・エレガント~既存の魅力を引き出し、更に高める~

事例 NO. 1012
  • 重厚感と軽快さのバランスを考えました。

  • 全景。

  • 透け感が、シンボルツリーのモミジへと誘います。

  • ステップは水平ラインを強調。

  • フロントも含め、濃い目の色合いで落ち着きを持たせています。

  • 木々の間を抜けて、玄関へ到るアプローチ。

  • 紅葉の鮮やかな赤が映えます。

  • ツタをモチーフにした照明カバー。

  • before

CONCEPT

 大阪府北部の閑静な住宅街。I様邸は、築20年以上経ち、今回室内のリフォームを行っていました。ゲートのあるエクステリアも、年月が経ち、古びてきた部分が出てきている状況でした。

 お客様からのご要望は、
・基本的には大きく壊したりしないで、今のものを生かしてリフォームしたい。
・ゲートに合うような重厚感・落ち着き感のあるものにしたい。
というご要望でした。

 風格のあるエントランスを維持しつつ、重厚感と軽快さのバランスを考えて、ご提案しました。まず、既存のゲートのアンバランスさを改良するため、向かって右の部分にアイアンフェンスを設け、抜け感を維持しつつ全体のボリュームバランスの均衡を図っています。
 基本的に素材は石材、タイルでも凹凸のある表情のあるものを使用し、また色は、既存タイルとも合う、黒・ブラウン系をメインに使っています。アイアンフェンス・扉と既存のシンボルツリーが良い距離感で奥行きを感じさせてくれます。その奥行感を、夜間はライティングでドラマチックに演出しています。
 既存の魅力を引き出せた素敵なリフォームになったと思います。
店 舗
  • 神奈川オフィス
  • 横浜オフィス
  • 湘南オフィス
  • 千葉市美浜オフィス
  • さいたま大宮オフィス
  • 埼玉坂戸オフィス
  • 東京・新宿オフィス
デザイナー
施工スタイル
  • EXクローズ
部位
  • 門周り/ファサード
  • ゲート
デザイン
  • トラッド