HOME施工事例変形敷地に建つ二世帯住宅O様邸

個性的な表情とゆとりのあるエクステリア

事例 NO. 113

CONCEPT

変形敷地に建つ二世帯住宅、O様邸のエクステリア計画の課題は以下の通り。
■変形敷地による制限。
南面道路が建物のファサードに対して約三十度傾いて接道しているため、
建築プランも蛇行しており、二台分の駐車スペースも含めて前面に余裕が少ない。
■壁面の圧迫感
南面した開口やウッドデッキへの道路からの視線を遮断するために、高い壁が必要。
だがセットバックする余地も少ないため、壁面による圧迫感は免れない。
■課題への解答
道路と約60度の角度で小壁を連続して配置。その間に穴あきブロックのスクリーンを設置。壁面の圧迫感を和らげながら、そこで生じた余白を植栽スペースとしている。
これによって、ともすれば単調な壁面で閉ざされがちなエクステリアに、個性的な表情とゆとりを与えている。
店 舗
  • 港北店
デザイナー
施工スタイル
  • EXクローズ
部位
  • 門周り/ファサード
デザイン
  • 洋風