HOME施工事例M様邸オープンエクステリア

シックな茶系でまとめ建物と調和のとれた外構と庭に

事例 NO. 882
  • 工事前の既存です。形は出来ていますが、バランスが悪く使いづらいです。電柱の位置も良くないです。

  • 門柱としての機能は満たしていますが、、、、。

  • 位置も見た目も変わりました。電柱が移設可能でしたので、移設した上で門袖壁を新設しました。

  • 新たに作ったテラスです。玄関ポーチからリビングの窓まで近いのでポーチとテラスを一体型にしました。以前にはない広がりが出来ました。

  • 全体が直線的な要素が強いのでベンチは曲線を用いて柔らかさを出しています。

CONCEPT

外構とお庭のリフォーム物件になります。
お庭の使い方でご相談に来ていただきました。
お庭は手付かずの状態で、隣地とも目隠しがなく電柱の支線もありました。
変形の敷地でしたが、玄関ポーチとお庭のテラスを一体型にして、タイルの貼り方に変化を付け
変形による狭さを感じさせないようにしております。
境界の壁は隣地の方とも仲が宜しかったので、閉塞感の出ないバランスを考えました。
当初は白系の床でのご提案でしたが、最終はシックな茶系でまとまりました。
玄関周りも門袖壁が位置も悪くデザインもいま一つでしたので、新たに作り変えました。
電柱の移設が可能だったのが大きな要素です。
玄関までアプローチも飛び石で中途半端でしたので、駐車場の乱形石は拡張させ既存との調和も図っています。
建物と調和のとれた外構と庭が完成致しました。
店 舗
  • 港北店
デザイナー
施工スタイル
  • EXオープン
部位
  • 門周り/ファサード
  • ガーデン/テラス
デザイン
  • モダン